スタッフ活動日記 月別: 2019年2月

託児サービスWEB初診予約受付

  • 駐車場完備
  • 0565-53-6844
電話受付時間
09:00~12:30 / 15:00~18:00(土 ~ 16:00)
定休日
木曜・日曜
キービジュアル

24時間オンライン受付

相槌の感覚と間

2019年02月24日

こんにちは。
豊田市若林歯科コーディネーターの残間です。
2月21日(木)に東京で開催された、実践・TC塾3回コースのコーディネーター筒井と受講してまいりました。
全3回コースで、今回が2回目でした。

今回も多くのことを学びましたが、普段の生活でも意識するだけで親しい人ともそうでない人とも中を深められるきっかけになるかもしれない会話のポイントを上げていきたいと思います。

皆さんは普段の家族や友人との会話で相槌について考えたり意識していることはありますか?
会話の中でそれらを意識しながら話をすると相手から
・気が利いてる
・気が利いた話し方ができる
と言った印象を持たれるようです。

ポイントは4つです‼︎
①相手の言ったことを「反復する」
例えば、『昨日、出張から帰って来てね、新幹線が止まって大変だったよ』と言われたら
『昨日新幹線が止まったんですか?』
とポイントを反復して返すことで、話をしっかりと聞いてくれてるんだ‼︎と人は感じるようです。

②あえて、相手が感じている「感情を言葉にする」
例えば、『うちのバカ息子がね、東大に受かってね』と言われたら
『息子さんが!それは嬉しいですね‼︎』と相手がどう思っているのか想像し、その感情を言葉に出して伝えると、私の気持ちをわかってくれてる!と感じ徐々に信頼感を持つようになります。

③相手がネガティブな感じになってきたら「ちょっとだけ間を作る」
マイナスな気持ちになってる時や、言葉を発している場合、立て続けに何かを話すよりも、少しだけ間をとって無言の相槌を作ることで、相手のマイナスな気持ちを受け止めている印象になります。

④良かれと思っても「自分の意見を押し付けない」
自分の方が色々知っていることがあったとしても場合によっては、聞き役に徹して自分の知っていることは言わないで我慢することも、会話を楽しく進めるためには必要です。

皆さんは会社の上司・同僚・先輩・後輩・友人・両親・兄弟などと会話をするときについつい忙しいからと、片手間に話を聞いたりすることはありませんか?
私の以前の職種でもこのような研修を受けたことがあり、ある友人が家族との会話の中で上記のことを実践をした時の効果は絶大でした。
今まで、奥さんの話を子どもをあやしながら聞いていた時は適当な相槌を打っていたようですが、上記のようにポイントを押さえた相槌を行うだけで奥さんの話がどんどん広がり、より仲が深まったようです。
ただ、”聞く”だけでは、話し手はしっかりと聞いてくれてるのかわからなく、不安や不満が出てきます。
これからは人の話を”聴く”ようにしましょう。
”聴く”という漢字は耳+目と心で出来ています。
耳を傾けて、相手の目を見て、相手がどう思っているのかを考えながら話すことで今までとは違ったより良い関係ができていくかもしれません。


私は普段、家で家族と話をするときに、ついつい仕事をしていたりすると、相槌がおろそかになっていたりすることがあるなと、ハッとし改めて反省しました。
これからは仕事中もプライベートでも相手が話している時、何か話そうとしている時は手を止めて、話を全力で聴く姿勢をとり楽しい時間を送れるように自分の行動を自分でコントロールできるようにしていきます。


若林歯科 コーディネーター 残間樹里

セカンドオピニオン

詳細はこちら

個別相談のご案内

0565-53-6844

診療時間
09:00~13:00×××
15:00~18:30×××
▲:9:00~12:30/14:00~17:00

このページの先頭に戻る