「子供」の矯正歯科(小児矯正)|安価|若林歯科|愛知県豊田市・岡崎市・安城市

WEB初診予約受付

  • 駐車場完備
  • 0565-53-6844
電話受付時間
09:00~12:30 / 15:00~18:00(土 ~ 16:00)
定休日
木曜・日曜
キービジュアル

24時間オンライン受付

難しい歯並びを、難しく治すのではなく、
難しくならないように早期簡単に治療することが
当院の矯正治療の考えです。

生物学的機能療法を基本とし、
取り外しのできる、歯の表面に金属の装置を付けない矯正治療を行います。

また低額で、かつ、非抜歯での治療が出来るのも特徴です。

見た目の改善も大切ですが、お子さんの健やかな成長をサポートするのが、
当院の目指す小児矯正治療です。

当院は各種矯正システムから認定を受けている歯科医院です。
記念撮影記念撮影

金属色の装置を付けることなく、非抜歯での矯正を目指します

院長

このようなご経験はないでしょうか?

「小さいころから歯医者さんにかかっているのにどんどん歯並びが悪くなってしまう・・・」
「矯正の相談をしたけど大人の歯が全部生えるまで待ちましょうと言われた・・・」

これはお母さんやお父さんからよく相談を受ける言葉です。
私達も今までは矯正治療は大人の歯が生え揃ってからと考えてきました。

しかし、「歯並びが悪くなるのがわかっているのに、このまま何もしなくてもいいのか?」
「悪い歯並びのせいで虫歯をつくってしまう・・・、このままでいいのか・・・?」

このように思い悩んだ時期がありました。

そのような時に出会ったのが、Biotherapy(生物学的機能療法)を基本とした、メカニカルな装置を補助的に利用する矯正治療でした。

専門的なお話になってしまいますので、ここでは簡単にご説明します。

Biotherapy(生物学的機能療法)について

Biotherapy
並びが悪くなる原因は、多くは歯が生えるスペースが足りないことに起因しています。ガタガタの歯並びはあごの成長不足の結果です。つまり、子供のころに正しく顎が成長すれば自らの力で自然に歯の位置は治ることが判明しています。Biotherapy(生物学的機能療法)とは、歯並びが悪くなった原因を考え・改めることです。食事の環境を見直したり、悪い習癖をやめることで正しく歯が並ぼうとする力を助けてあげます。
当院では、まず生活習慣についてお聞きし、改善頂けることは改善して頂きます。自分の力で歯並びを治すことができればそれが一番良い方法だと考えているからです。しかし、Biotherapy(生物学的機能療法)だけでは治らないと考えられる場合に装置を使った矯正治療を行います。それが次の「メカニカルな矯正治療」です。

メカニカルな矯正治療について

Biotherapy(生物学的機能療法)による歯並びの改善だけでは難しい場合、装置を使うことになります。ただし、装置を使うからといって生活習慣を改善しなくて良いわけではありません。当院では「床矯正装置」「ネオキャップ」「プレオルソ」など、取り外し可能で、歯に金属の装置を付けないものをご紹介させて頂いております。

※どの装置でもケースによっては矯正専門医のブラケット治療が必要となる場合があります。

それぞれの特徴は下記からご確認ください。

名称床矯正:9万円~ネオキャップ:39万円~プレオルソ:6万円~
画像 床矯正 ネオキャップ プレオルソ
特徴 歯を適切に並ばせるために、主に顎を拡大させることに焦点を当てた装置になります。 その子に合った健康は咬み合わせを目指しますので芸能人のような歯並びを求める場合は不向きです。 咬み合わせ、歯ならびを改善すると同時に歯並びに悪影響を与える「口呼吸から鼻呼吸へ」と改善させます。
取り外し可能可能 可能
装着時間(1日) 14時間以上就寝時と昼間2~3時間就寝時と昼間1時間
非抜歯※可能可能可能
見た目若干目立つ若干目立つ目立つ
詳細こちらこちらこちら

※ケースによっては抜歯の必要がある場合があります。

矯正治療を始める時期は?

院長

「子どもの矯正治療はいつごろ始めると良いですか?」

このようなご質問をよく親御さんから受けます。
私はいつも次のようにお伝えしています。

「最適な治療開始時期は、お子さんの状態によって違います。治療するしないにかかわらず、まずは早い段階でお口の状態を拝見させてください」

よく、「一般的には○歳~○歳の間が治療を開始するのが適切」といった情報がありますが、これはあくまで「一般的には」というものであり、実際はそれぞれのお子さんにベストな治療開始時期があり、○歳からと一概には言えません。

お子様のお口の中を拝見し、適切な診査診断をすることで、今後、お口の中がどのように変化していくか、そしてその変化は適切なものか、適切な変化でなければ、いつ、どのような装置を利用して治療をしていくのかが予測できます。

「矯正の相談に行く=治療しなければならない」
ではなく、
「子供のお口の成長の変化は適切かどうかを聞きに行く」

このような意識で、うまく歯科医院を利用して頂ければと思っております。

コラム子供のうちに矯正治療をしておくことのメリット

院長

大人と子供の矯正治療の手法は異なります。
大人は、アゴの骨格的成長と歯並びが既に完成している状態で治療をするため、アゴと歯並びの不調和の程度が大きすぎる場合は、歯並びの矯正治療だけでは対応できずに、顎(アゴ)の位置を改善する外科手術が必要になる場合があります。

しかし、子供の場合は、まだ「成長段階」にありますので、その成長を適切な方向に誘導させることで、何ら無理なく治療を進めることができ、かつ、一番理想とされる顎の骨格、そして歯並びを創造することが可能になります。

成長力を利用できるのは子供の時期だけ。そしてその成長力が、理想的な顎の形態、歯並び、顔貌の形成に関わってきます。

これが、子供のうちに治療を開始する最大のメリットになります

その他、子供の時期に治療を開始することのメリットをご紹介します。

メリット1非抜歯矯正の可能性が高まります

歯 子どもの矯正治療では、歯を抜かないことが大原則になります。なぜなら、子どものアゴの骨は柔らかいため、柔軟に広げることができ、歯を並べるスペースを確保することができるためです。その結果、ブラケットを付ける仕上げの治療が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

メリット2心理的コンプレックスから解放されます

子供の笑顔 多感な思春期に入ると、歯並びや口元のコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、歯並びが原因であだ名をつけられ、傷つくようになることも少なくありません。 そのようなお子さんの場合には、矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることで、健全な学校生活を送れるようになります。

メリット3顔貌をコントロールできます

皆様が思われているより、歯並びと顔の形の関係性は高く、歯並びを改善させることでいわゆる「かっこいい」「綺麗」な顔貌への誘導が可能になります。

メリット4虫歯や歯肉炎の予防となります

歯ブラシ 生えたての永久歯は乳歯より大きいため、デコボコした歯並びになりがちです。つまり、歯磨き出しにくいお口の環境になります。そのまま放置しておくと、永久歯と言えども、当分の間は堅さが十分でないために虫歯になりやすくなります。そこで、歯並びを改善し、歯磨きがしやすい環境を作ることで虫歯や歯肉炎の予防になります。

コラム日々の習慣が歯並びを悪くすることもあります

子どものちょっとした癖・習慣などは、大人になってからの歯並びにまで影響してしまうことがあります。

例えば、指しゃぶり、爪を噛む、唇を噛む、身の回りのものを口に入れる、舌の癖などです。この中で一番多いのが、「指しゃぶり」と「舌の癖」です。歯と歯の間に挟まる指や舌などが矯正力として働き、出っ歯(上顎前突)になったり、口が開いた状態(開咬)になり、歯並びや顎(アゴ)の発育に影響を与えます。

指しゃぶり爪を噛む舌癖

出っ歯開咬

当院では、このような歯並びや顎の発育に影響を与える癖・習慣なども改善させるプログラムをご用意しております。

また、下記のような症状がある場合は「歯並びの異常を知らせるサイン」ですので、一度ご相談いただきたいと思います。

サイン1
乳歯と乳歯の間に隙間がない
サイン2
話し方がおかしい・かつ舌が悪い
サイン3
口での呼吸が多い
サイン4
顔の左右のバランスが悪い

子供は、自分から「歯並びやかみ合わせがおかしいので治したい」と思う意思がありません。
お子さんの将来を見据え、10年後に「ありがとう」といってもらえる選択をしてあげることはご両親がしてあげられる最大のプレゼントではないでしょうか。

個別相談のご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者さんがどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者さんが納得されるまでご相談させて頂きます。

0565-53-6844

〒473-0914 愛知県豊田市若林東町棚田161-7

診療時間
09:00~13:00×××
15:00~18:30×××

このページの先頭に戻る