最先端設備|若林歯科|愛知県豊田市の歯医者

WEB初診予約受付

  • 駐車場完備
  • 0565-53-6844
電話受付時間
09:00~12:30 / 15:00~18:00(土 ~ 16:00)
定休日
木曜・日曜
キービジュアル

24時間オンライン受付

技術だけでなく、
効果の実証された
最先端の設備」が
合わさることで
最高のパフォーマンスを生み出します。

すべては、患者さんの
笑顔」のため。

CT(三次元立体画像撮影装置)-これまで見えなかったものを可視化します。

CT

2%。何の数字だかお分かりになりますか?
これは、日本の歯科医院約6万7千件のうちCTを保有している歯科医院の割合です。
国内で2%しかCTが導入されていないのはなぜでしょう?
それは最新技術の機器導入には多額の設備投資が必要となるからです。
当院には健康に関心のあるたくさんの方が来院され、「皆様の健康維持のために還元したい」という院長の思いで、導入が実現しました。

CTとは、従来の平面的(二次元)なレントゲン写真を立体的(3次元)に見ることができる装置で、骨の中に埋まっている歯の根の状態、曲がり具合、重要な神経や血管の位置などが正確に把握することができ、抜歯インプラントなどの外科処置や歯周病の進行状態、歯の神経の治療(根管治療)などに威力を発揮します。歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。最適な治療方法を導くことは治療期間の短縮にもつながります。

その他、用途に合わせて、「二次元のパノラマレントゲン」や、数本の歯を精密に分析できる「デンタルレントゲン」を併用します。

  • パノラマ
  • デンタル

マイクロスコープ(歯科線用顕微鏡) -ミクロン単位の精密治療のために

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、治療部位を高倍率で拡大する歯科用顕微鏡です。
歯科治療においては、どれだけしっかりと問題部位を確認できるかが成功の成否を分けますので、成功率を上げるためには絶対に欠かすことができない機材になります。

マイクロスコープ

右の動画はマイクロスコープを活用した治療動画になります。肉眼では見る事の出来ない視野で治療を行う事ができます。
当院でマイクロスコープを導入することにより、治療の精度が格段に上昇しました。またこの設備は治療風景を動画で撮影できますので、患者さんへの説明ツールとしても活用しています。

また、ケースによってはマイクロスコープではなく、歯科用ルーペというものを利用することもあります。これも視野を拡大する機器です。

  • 歯科用ルーペ
  • 歯科用ルーペ

どのような治療をするにも当院では「精度」にこだわった治療を心掛けています。

歯科用レーザー機器

当院では各種レーザー機器を導入しています。
代表的な「ダイアグノデント」「炭酸ガスレーザー」に関してご説明いたします。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

この装置は初期虫歯の発見に大きな効果を発揮します。初期段階の虫歯には痛みがなく、かつ、経験豊富なドクターでも判別しにくい特徴があります。 そこで活躍するのが「ダイアグノデント」です。この装置のメリットについてご紹介します。

  • 「経験や勘」ではなく、データで虫歯の有無を判断
  • 従来は発見が困難だった小さな虫歯を早期発見
  • 虫歯検出率90%という高い信頼性
  • 治療後にも再チェックするので、再発リスクを軽減

虫歯治療において最も大切なことは「虫歯の診断」です。

グラフ

従来は、ドクターによる視診(肉眼での目視)や歯科用顕微鏡(ルーペ)、そしてレントゲンによる診断が主流でした。
しかし、右の虫歯検出率の統計データをご覧頂くと、ダイアグノデントの虫歯検出率が90%と突出して高いことが分かります。逆に視診による診断は12%と、単純計算でも10回中9回は健康な歯を虫歯と診断していることになります。レントゲンを利用しても、50%未満。
これではいけません。

当院ではこの機器を利用し、早期の虫歯発見の取り組みを実践しています。

炭酸ガスレーザー

マイクロ動画歯周病治療、虫歯治療、口内炎、歯肉の黒ずみ除去、外科処置、止血などに利用しています。

位相差顕微鏡 (歯科線用顕微鏡) -細菌レベルでのアプローチを行います

位相差

全国に歯科医院は約67,000件ありますが、虫歯はもとより歯周病の患者は減っていません。それはこれらが細菌による感染症であるということをきちんと理解していないからではないでしょうか?

いくら歯垢や歯石を除去したとしても歯周病・虫歯は良くなりません。これらは「感染症」ですので、そもそもの原因となっている「原因菌」へのアプローチが必須です。

細胞

当院では、その細菌へのアプローチを徹底するため、従来のレントゲン検査、歯周ポケット検査や生活習慣の問診に加え、「位相差顕微鏡」を活用し、細菌を目で確認することを行っています。

5分で虫歯・歯周病リスクが分かる「唾液検査」

唾液検査

当院では唾液検査装置「スポットケム」を導入しています。 唾液を採取してわずか5分で、虫歯リスクや歯周病リスクがわかる画期的な「唾液検査システム」です。また、検査結果はレーダーチャートで表示されるため、見やすくわかりやすいのが特徴的です。

唾液検査システム

唾液検査という言葉自体、あまりなじみがないと思うのですが、お口の健康状態、虫歯のなりやすさ、歯周病のなりやすさなど、様々な情報を得ることができます。

これを治療プログラムを作成する上での参考にすることで、一歩進んだ処置が可能になる他、患者さんご自身の「自覚」を促すきっかけにもなります。

当院では基本的にこの検査を受けて頂くことにしています(¥2,000+税)。

説明用デジタルツール - 納得されるまで説明いたします

説明

当院では専門家の立場から、どのような治療法があるのか、どの治療法が患者さんには適切なのかをアドバイスさせて頂きます。その際、患者さんの「理解」を得られないまま、「単に説明した」というレベルでは全く意味がありません。

患者さんの理解納得があって初めて「説明した」と言えます。

そのため当院では、患者さんの年齢や趣向に合わせ、様々なツールを利用し納得して頂くまで説明をしております。その中でも、「デジタルの情報提供ツール」は患者さんに分かりやすいと評価を受けています。

その他、治療中や治療後のお口の状態を患者さんと共有するため「口腔内カメラ」「ペンカメラ」などを利用していの説明も行っています。

PC画面

  • 写真撮影
  • 写真撮影

厳格なヨーロッパ基準をクリアした滅菌システム

患者さんのためにも、そして共に働いてくれるスタッフのためにも、院内の衛生管理・感染予防体制の構築は大切です。当院では、世界標準の滅菌システム専任のクリーンスタッフが運用しております。それぞれご紹介いたします。

オートクレーブ
オートクレーブ
「Lisa(リサ)」というヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスB規格の滅菌器(オートクレーブ)を使い、すべての治療器具の滅菌を行っております。日本でこの設備を導入しているのは、まだ数%と言われています。この機器は、今まで洗浄が難しかった部分の洗浄も可能になり、滅菌・衛生管理という面でのクオリティが格段に上昇しました。
ハンドピース滅菌器①
ハンドピース滅菌器①
通常では洗浄が難しいハンドピースに付着した切削カス、血液、唾液などを機器の内部から高レベルで確実に滅菌することができます。これはドイツのシロナ社の滅菌器(DAC)で、世界水準の機器となります。世界でもまだ導入している医院が少ない高精度滅菌システムです。
ハンドピース滅菌器②
ハンドピース滅菌器②
MELAG社のMELAquick12+というハンドピース用の滅菌器です。当院ではすべての患者さんに滅菌されたハンドピースを利用しています。
ジェットウォッシャー
ジェットウォッシャー
これは、今までの洗浄機や手洗いでは難しかった複雑な構造を持った歯科器具も徹底的に洗浄します。また、血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ない、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄を行うのですべての汚染を効果的に落とします。

その他、超音波殺菌やアルコール滅菌機器なども活用し、滅菌したものは「滅菌パック」に入れ、治療直前まで滅菌状態を保ちます。

  • 衛生管理
  • 衛生管理
  • 衛生管理

個別相談のご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者さんがどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者さんが納得されるまでご相談させて頂きます。

0565-53-6844

〒473-0914 愛知県豊田市若林東町棚田161-7

診療時間
09:00~13:00×××
15:00~18:30×××

このページの先頭に戻る