医院ブログ|若林歯科|愛知県豊田市の歯医者

託児サービスWEB初診予約受付

  • 駐車場完備
  • 0565-53-6844
電話受付時間
09:00~12:30 / 15:00~18:00(土 ~ 16:00)
定休日
木曜・日曜
キービジュアル

24時間オンライン受付

歯医者はガールズパワーで成り立っている

2018年12月25日

こんにちは!若林歯科スタッフ歯科衛生士の杉山永夏です。

先日12/20に名古屋ラ・ソールガーデンにて歯科女子フェスが開催されましたので、スタッフと一緒に参加してきました。
”クリスマスカラーを身に着けること”、”できるだけ華やかに着飾ること”というドレスコードのもと集まった人たちは赤に緑、白と思い思いのドレスをまといセミナーというよりまるでパーティーのようです。

当院のドクターマネージャーである内藤がこの歯科女子フェスで講演する機会をいただきました。
今回講演をするのは歯科衛生士、歯科助手、トリートメントコーディネータなど様々な部署で活躍するキラキラ輝く女性スタッフばかりです。そんななか当院のドクターマネージャーである内藤がトリを務めることは大変光栄なことです。
内藤が発表するにあたって何度も院内で予演会を開き、スタッフ全員で意見を出し合いました。みんな内藤の発表がより良いものなるように全力で応援していたし、ヒヤヒヤしながら発表をきいていたし、自分のことのように心配していました。そして期待していました、彼女ならやってくれると。
内藤はそれに応え、それ以上のものを発表することに成功しました。
若林歯科の代表として堂々と話していました。私はその姿を見て、同じスタッフとして誇らしく感じました。


歯科女子フェスは大成功に終わりました。多くの参加者が満足し、次も参加したい、次は発表者としてあの場に立つことを想像する女子が多くいたでしょう。それくらい素敵な会でした。

主催者であるリ・ミエル代表取締役、鷲見裕子さんは若林歯科で月に2度研修に来てくださいますが、鷲見さんは”女の子たち、もっと自信をもって!あなたたちは今とっても輝いている!”と言いたかったんだと感じました。
すくなくとも私はこのセミナーに参加して鷲見さんからそのようにメッセージを受け取りました。他のセミナーとは違う、ここに集まったすべての女性スタッフが主役だということを。

例えば、29歳以下の歯科医師の40%は女性ドクターです。
歯科衛生士はつい最近まで女性にしかなれない職業でした。
女性が資格や技術を持ち、フルタイムでバリバリ仕事をするのも、子育てしながら時短勤務でもどちらも選びやすいので、プロフェッショナルとして生涯働くことができます。女性がいなければ歯科医院は成り立たないでしょう。
若林歯科の男女比もパートさんも含めて94%が女性スタッフです。
そしてすべての女性スタッフが自分の仕事に誇りをもっていることは言うまでもありません。

今回このような会を開いてくださったリ・ミエルの方がたには感謝してもしきれません。また次もぜひ参加したいです。


豊田市若林歯科 
歯科衛生士 杉山永夏

〝問題を問題だと思う人に問題がある〟

2018年12月24日


こんにちは。
豊田市 若林歯科 歯科衛生士の大村美帆です。
12月16日(日)に東京で開催された、地域一番実践会主催のスペシャルセミナー・表彰式に理事長、歯科衛生士の藤井、服部と受講して参りました。



スペシャルセミナーというだけあり、ゲストは元なでしこジャパンの澤 穂希さんと心理カウンセラーの心屋仁之助さんでした。
失敗から多くを学ぶことや受け入れることの大切さなどお二人の講演はとても心に響くことばかりでした。

11月に医院のスタッフ全員で読書感想文で『うまくいったやり方から捨てなさい』という本を読みました。
この本には今まで正しいと思ってたこと、当たり前だと思ってたやり方を捨て、新しい挑戦をしよう!ということが書かれていました。
今回の講演で心屋さんも同じことをおっしゃっていました。
〝今まで正しいと思っていたことに問題がある〟
今までの正しいと思ってたいた逆のことしたり、悪いと思っていたことに飛び込むことが大切であるということです。

でもなかなかこのような考え方は簡単にできるものではないですよね?
何故かというと生まれ育った環境が大きく左右するからだそうです。

そして『問題を問題だと思う人に問題がある』が今回の心屋さんの講演の大きなキーワードでした。

これはどのようなことを言うかというと、例えば3日で仕事をやめた人がいるとします。
皆さんはその人をどのように感じるでしょうか?
「3日でやめるなんてやばい人だ、問題だ」と思う人もいるかと思います。私はそのように思いますました。
やばい人だ、問題だと考えてるということは自分とは異なった行動をしている、考え方が違うと思っていることになります。つまり自分ができないことを出来る凄い人、神 と考え方ができるということを教えていただきました。

私はこのお話を聞いたときなんだか今まで自分が合わないなと感じていた人に申し訳ない気持ちと自分の情けなさを感じました。
きっと今まで私が合わないと感じていたのは、自分とは逆の行動や思考を持っていた人でした。
それは実は自分には出来ないことの出来る凄い人だったのです。

きっと皆さんも「この人も合わないかも…」という場面に遭遇したことがあったり、今後遭遇することもあるかと思います。
そのような時にはぜひ〝自分ができないことができる神だ!〟と思ってみてはいかがでしょうか?
新たな発見や楽しさが発見できるかもしれません。


講演後には経営塾の表彰式がありました。
経営塾を通して取り組んだ課題を頑張ったスタッフや歯科医院が表彰式されるというものです。
悔しくも表彰台に乗ることはできませんでしたが医院見学に来てくださった医院のスタッフさんや以前当院で勤務医をされていた先生のスタッフさんが受賞されており、自分が表彰されたかのように嬉しい気持ちでした。

この年間セミナーを通し学んだことやセミナーチームを通じて学んだことは多くあります。
なかでもチームでは院長や幹部スタッフはどのようなことを考えられているのかを考えるきっかけにしたいと思い、自ら立候補して1年間サブリーダーを務めました。
チームで最年少の私がサブリーダーを務めるのはとても不安もありましたがこのような貴重な経験ができ本当に良かったです!


今年もあと少しで終わりを迎え、新たな年がスタートをします。
来年も目標を持ち、医院のため・患者様のため・自分のために成長し続けます!
今まで正しいと思っていた逆の考え方にも挑戦していきます!

若林歯科 歯科衛生士 大村美帆

「みんなで知識のアップデート!歯周内科について」

2018年12月6日

こんにちは!若林歯科スタッフ歯科衛生士の杉山永夏です。

先日スタッフ全員で医院に集まって歯周内科治療について勉強しました。
休診日にもかかわらず多くのスタッフが歯周内科を勉強しなおすために集まりました!

今回の勉強会の講師として、国際歯周内科学会の指導医である塚本高久先生に来ていただきました。塚本先生は名古屋で開業されています。

歯周内科治療は以前から若林歯科で取り入れていた歯周病治療なのですが、若林歯科もここ数年で多くのスタッフが入ったことで、技術や知識の習得中だったり、歯周病治療の研究も日々されているため、知識のアップグレードが必要だったんです。

9時から15時まで1日かけての勉強会でしたが、塚本先生が難しいことでもわかりやすく、頭の中にスーっとはいってきて、どんどん引き込まれていきました。
今までわからなかったことや、なぜだろうと思っていたことが快刀乱麻を断つのごとく解決されて、モヤモヤこもっていた頭にすっと風が入ったようでした。
特に印象に残ったところは歯周病とカンジダ(カビ)の関係です。
カンジダ(カビ)は口の中の常在菌であり、通常なら特に悪さをしないのですが、免疫機能の低下や清掃不良で異常増殖してしまうと、歯肉炎が起こり、そこに細菌が感染して歯周病になるそうです。(あくまで国際歯周病学会の見解です)
カンジダ(カビ)は歯垢の中はもちろん、歯ぐきや舌、歯質にまで根を生やしどんどん侵食していきます。そのため適宜取り除く必要があるのです。
残念ながら市販で販売されている歯磨剤ではカンジダ(カビ)にアプローチできるものはありません。
しかし歯ブラシを使って物理的に取り除くことも大切ですので、日々のセルフケアの重要性も痛感いたしました。

歯周内科について、スタッフ全員で共通の知識を身に着けたことで、さらにレベルアップした歯周病治療を提供していきます!


豊田市 若林歯科
歯科衛生士 杉山永夏
1

個別相談のご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者さんがどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者さんが納得されるまでご相談させて頂きます。

0565-53-6844

〒473-0914 愛知県豊田市若林東町棚田161-7

診療時間
09:00~13:00×××
15:00~18:30×××

このページの先頭に戻る